お問い合わせ052-684-7110MENU

三重県の製造工場で放送設備のリニューアル

かなり古いタイプのカセットデッキを使用しておりましたが、壊れてしまって朝ラジオ体操が放送できないので、機器の更新で御連絡いただきました。
以前取引していた設備会社がわからなくなり、インターネットで弊社を見つけお電話をいただきました。三重県で遠いけど大丈夫ですか?と気にかけてくださいましたが三重県四日市市津市鈴鹿市あたりが最も弊社の顧客が多い地域で、全く問題ありませんとお話しさせていただきました。

従来のシステムではチャイムのみを鳴らす「TOA:ML-301B」を採用しておりましたが、ご提案としてはこの機器をチャイムとラジオ体操と音楽を鳴らす「TOA:ML-1000+MC1030」に変更し、時間設定を行いました。タイマー制御により決まった時間にラジオ体操を流し、チャイムを流します。

お客様のニーズに合わせて

工場の放送設備といっても、その工場によって全く違う使い方をしている場合が多く、一概に通り一辺倒のシステムを導入すればよいかというと、そうではありません。
スピーカーから流す内容は、チャイム、業務連絡、ラジオ体操、緊急地震速報、音楽と多岐にわたります。
お客様のニーズに合わせてアンプやスピーカーを準備し、施工します。